2019.08.03
 

24時間365日、毛穴からつま先までエンターテイメント野郎。カプコン社・ストリートファイターが俺の人生の大切な1ページであった。いざ広島大会へ.. #ストV

24時間365日、毛穴からつま先までエンターテイメント野郎。カプコン社・ストリートファイターが俺の人生の大切な1ページであった。いざ広島大会へ.. #ストV


いま早朝、広島行きの電車の中である。




東京から?いや、山口県方面から向かっている。




実家のある山口県に数日滞在していたのだ。




..




先日お話したとおり自分は




20代、バンドに生きて




30代前半はエンタメ経営について学んでいた。




10代、15.6歳くらいから、ギターはじめる⇨地元でバンド活動⇨上京しバンド活動⇨解散、就職、独立、いま。だったのだけど




実は15.6歳よりも以前はゲームの鬼だった。







とくにストリートファイターII には脳天をやられた。ストIIへの出会いや愛はまた後日書いてみるが、




当時、のめり込んだ俺は学校から帰ると1日6時間は練習し、山口県の小さな町のゲーセンで「俺より強いやつに会いにいく」というような具合に、切磋琢磨していた。




勉強もまあ普通、スポーツは卓球部でキャプテンをやっていたけど普通、とりわけ普通、、




だった俺が、のめり込んだストIIで、友人たちの間では「イヅミはストIIの猛者」という評判になっていった。




あまりにもローカルすぎて笑う話なのだが、




小さな町の市民祭りでの前夜祭で大きなステージに大型ビジョンが映し出される「ストII大会」があり、そこで俺は優勝をした。 (優勝キャラはベガ)




翌日学校に行くと友人たちは歓喜し、あまり話したことない女子からも興味をうけ、




教師からも「なかなか鬼だった」と拍手をおくられた。




なぜゲームでストIIでこんなにヒーローになるのかと照れ臭かったが、それは10代のはじめの自分には、とても嬉しかった。




..




時は流れ。




その後、就職じゃ進学じゃ、となるタイミングで自分はロックやギターと出会い、いまに至るのだが、まさかまたストIIと再会するとは。







ただ、いまのストIIは、ストリートファイターV。つまりバージョン5まで進んでいて、




触り始めたのは1カ月前、、。




従来のストIIってよりは、「鉄拳」の要素が強く (プレーステーションがソニーの商品だからかな)




自分は鉄拳やバーチャファイター系の打撃コンボ系はあまり得意ではなかった。




しかし、とにかく今のこのムーブメントの中に参加することが次のインスピレーションを生むこともあり、




今回自分は「ストリートファイターV アーケードエディション ルーキーズキャラバン広島大会」に参加することになった。




(なぜ広島で?というのは関東のエントリーが終わっていたから、山口県に帰郷もできるしな、という理由)







ちなみに使用キャラはガイル。




派手さはあまりない、古典的なスタイルで闘うのだ。




..




いま、広島行きの新幹線の中である。




闘いや勝利のイメージをしている。




昔のローカルな栄光など何の役にも立たない。




ストIIは、とにかく勝ったやつが勝ち、という過酷なスポーツなのだ。厳しいぜ。。




..




今日の試合前の前日、前々日、




地元のゲーマー連中に連絡をし、スパーリングに付き合ってもらい




昔を語らいながら、今日を送り出してもらった。




(1回戦で負けたりして🤪)




..




いまのゲームは




選手にスポンサー会社や所属チーム会社などがある。




放送局がチームをつくったり




ゲーム大会に大手飲料メーカーがスポンサーになっている。




まさしくオリンピックの正式種目になるべくインフラが整いつつある。




..




俺は、IZUMI PROMOTION.inc (株式会社IZUMI PROMOTION)所属の選手だ。




..




遊びじゃねえぞ。




勝ちにいくのだ!




イヅミ a.k.a IZUMI PROFESSIONAL

人気記事

PROFILE

CONTACT